ビタミンc誘導体

ビタミンC誘導体の力とは

ビタミンCの力と欠点

ビタミンCは、抗酸化作用のほか殺菌作用を有し、美白効果があってシミ対策としても有用な、大変「便利な」栄養素です。肌に働きかける力も強いので、美容に心を砕く女性にとって、欠かすことの出来ない味方となっています。ときおり、ビタミンCが配合された化粧水などをみかけますよね。ですがこのビタミンCには欠点があります。
それが「とても壊れやすい」ということです。ビタミンCはそれほど堅固なものではなく、分子構造は簡単に壊れてしまいます。その上ビタミンCは水溶性です。肌はこの「水溶性の物質全般」をはじく性質があるので、結果的に、思ったよりも吸収されにくいというデメリットがあります。

ビタミンC誘導体の力

そこで作られたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は化合物であり、「作られた」成分です。ビタミンC誘導体は体内に取り込まれると、酵素反応によってビタミンCに生まれ変わります。これによって、ビタミンCの欠点である「壊れやすさ」を解消し、しかも吸収効率をよくすることができるのです。
一番有名なのは、やはり美容成分としての利用です。ほかにも、ちょっと意外なように思われるかもしれませんが、食品添加物として利用できないか、とも考えられています。「ビタミンC」という「目には見えないもの」を、「効率よく吸収するために」、化合物である「ビタミンC誘導体」が作られた、というのはちょっとばかり不思議ですよね。