人気 ビタミンC誘導体

ビタミンAとビタミンCの効果

ビタミンCの効果について

「肌にはビタミンがいい」そんな言葉を聞いたことはありませんか?ビタミンは、ただ単純に肌や美容に対してだけ効果を及ぼすものではありません。体内を健康な状態に保ち、活動していくための栄養素としてもとても大切なのです。
今回は、特にビタミンCに着目していきましょう。ビタミンCはメラニンに対抗する力を持っており、かつ抗菌作用があります。これを「肌」の言い方に転換させると、「シミを薄くする効果があり、日焼けをしても美白効果があり、さらにニキビの原因となるアクネ菌の排泄物に対抗する」ということになります。つまり、日焼けやシミ、ニキビに効果的である、というわけですね。

ビタミンAの効果について

もう一つ、よく疑問として浮かび上がってくるもの、「ビタミンAはどんな効果があるの?」ということ。ビタミンAはビタミンCに比べて効果がわかりにくく、注目されていません。しかしこのビタミンA、紫外線から肌を守り、バリアを張ってくれるのです。つまり、日焼け(夏だけでなく、秋にも冬にも春にも紫外線は観測されています)に効果的である、ということです。
また、新陳代謝や再生能力を高めることができます。このようなことからわかるのは、ビタミンAもビタミンCも、両方ともとても大切な肌への栄養素である、というわけ。もちろん肌に大切なのはビタミンAとビタミンCだけではないけれど、知識として覚えておきたいですね。

 

ビタミンCが肌に及ぼす影響

ビタミンCを肌に取り入れる方法

ビタミンCは、そのまま肌に塗布してもあまり効果が望めません。というのも、ビタミンCは水溶性であるからです。肌は水溶性の物質を吸収できないという性質があるため、はじいてしまうのですね。かつビタミンC自体はそんなに強いものではなく、簡単に壊れてしまいます。このような欠点を解消しようと「合成され」「作られたもの」が、ビタミンC誘導体です。これは非常に強く頑丈な物質であり、かつ肌に吸収されやすいように作られています。ビタミンC誘導体は生体内に入ると、酵素と反応し、ビタミンCに変じます。これによって、ビタミンCを効率的に中に取りこむことができるのです。

ビタミンCが肌に及ぼす効果は?

ここでは、ビタミンC=ビタミンC誘導体を使った基礎化粧品、として論じますね。ビタミンC誘導体基礎化粧品は、一般的には「ビタミンC基礎化粧品」と呼ばれます。ビタミンC基礎化粧品はどれも非常に効果が高く、辛口の口コミサイトであってさえ、ほとんど悪評は聞こえてきません。美白に効果があり、シミの軽減に役立ち、肌質もよくなると評判です。「利かなかった」という口コミがほとんどないのは、ビタミンC基礎化粧品が角質層にまで働きかける、ということによるのでしょう。しかしその強さゆえ、「あわなかった…」という人の場合、にきびや炎症の原因となってしまうことがあるので、使い方にはご注意を。

 

 

 

ビタミンCを効果的に取り入れるならビタミンC誘導体がおすすめです。
ビタミンC誘導体についてもっと詳しく>>